たるみの前触れ

顔のたるみは年齢を重ねるとともに気になるものではないでしょうか。年をとってもたるみが少ない顔でいるためには、たるみの前触れを見つけて対処することです。顔のたるみが始まっているサインとはどのようなものなのでしょうか。頬を指先で押してみても中から戻ってくる感じがしないときはたるみが起こっている証拠です。

若いときのような肌の弾力がなくなっているからです。写真を撮ったときになんとなく輪郭がぼやけてみえる場合もたるみのサインだといえます。枕のデコボコが、起きたときの頬にしっかり残っていたら、弾力不足かもしれません。年をとって、頬のたるみが始まったてきた感覚は、日常生活の中で知ることができます。

年齢と共に重力に負けてしまっている顔のたるみは、日々のいろいろな場面で気づかされます。たるみやしわがある顔は、実年令よりずっと年をとって見えます。顔を鏡に映してみると、毛穴の状態によって皮膚のたるみがわかります。目の下、鼻の横あたりは要チェックです。

頬の毛穴が穴のあいた平たいゴムを引っ張ったら穴が広がって見えるように、楕円形になったら顔のたるみのサインです。もしもたるみのために毛穴が広がっていた場合、手のひらで皮膚を持ちあげると毛穴の広がりが小さくなります。皮膚のたるみは少しずつ現れるもので、急にできるわけではありません。顔をよく見ておくことが大事です。