クレジットカードの特徴

働いている人であれば、基本的に自分の名義のクレジットカードを持っていることでしょう。この頃は、銀行が発行するキャッシュカードがクレジットカードとして使えるものもあり、重宝しているという人もいます。クレジットカードのいいところは、現金を出さずとも決済ができることにあります。クレジットカードは手持ちの現金では買えないような高い品物を分割で購入したり、金額に対応したポイントをもらったりできます。

何枚かのクレジットカードを、その時々で区別して使うという方もいるようです。外国ではクレジットカードが身分証明証の代わりにもなっています。ホテルのチェックインでは、クレジットカードを出すように求められることが、海外旅行時には多くあります。海外に行くのであれば、クレジットカードを1枚は所持しておくべきだといいます。クレジットカードは申込みさえすれば手に入るというものではありません。

新しくカードを作る場合は、審査を通過する必要があるようです。条件はさほど厳しいものではないので、何らかの仕事についており収入が安定していればカードを発行してもらえます。ただし、ゴールドカードやプラチナカードを作ろうとすれば、審査のハードルが高くなります。勤め先や収入などによっては、クレジットカードの申し込みを断られるケースもよくあります。